女性プログラマの前線への起用

プログラマはシステムやプログラムの開発における最前線での仕事を担う職業であり、その仕事ができあがることによってプロジェクトの達成がなされることから、大きなプレッシャーを受けて仕事を急ぐ必要に駆られてしまう。
そのため、制作するシステムやプログラムの仕様書が手元に届くことにより、誰もがおかれてしまうのが昼夜を問わず働き続けなければならないと感じてしまう状況である。
こういった状況は担い手の性別に関わることはなく、プログラマであれば必ずそういったプレッシャーの下に忙しい仕事の日々を過ごしていくことになる。

こういった忙しい仕事には体力のある若い人材があてがわれるのが典型的であり、それによって一刻も早く開発が達成されることが期待される。そういった傾向が結果的に生み出しているのが、最前線で働く女性プログラマの少なさである。
体力のある若い人材はいても、女性はその時期が結婚や出産に適した年齢でもあることから、開発途中で産休をとる必要が生じてしまう可能性がある。

そのため、その期間だけ開発をストップさせなければならないというリスクを負うことになってしまう。
特に開発が長期にわたると予想された場合や、バージョンアップを繰り返して企業の主力製品として大成させていくことが計画されている場合には、職場を離れてしまうリスクがない人材を起用したいと考えるのが常となる。
そういった理由から、女性は最前線で起用されにくい傾向があるのである。

Comments: 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です