男性中心のプログラマに女性がなる利点

男性中心のIT業界ではあるが、女性がプログラマになる利点は意外に多い。

ここからは、私の意見を交えて記載していることをご了承いただきたいが、まず、男性ばかりの職場なので女性は周りから優しくしてもらえるという利点がある。
上司も男性である場合がほとんどなので、失敗しても男性の部下ほどには叱られないだろう。それに、分からないことがあれば、たいていの場合は優しく教えてくれるだろう。
さらに、長時間の残業が必要なほど仕事が山積していても男性より早く帰らせてもらえる可能性は高い。

ここまでは周囲が男性ゆえに得られるメリットであるが、他にも業種特有の傾向が女性にとってありがたい点も多い。

ひとつは、IT業界は私服の会社が多いので、おしゃれを存分に楽しむことができることだ。
多少奇抜なファッションをしていたとしても、仕事さえきちんとこなせていれば文句を言われることはないだろう。
もうひとつは、プログラマは技術職なので結婚や出産で会社を離れていても復帰がしやすい点だ。
たとえ復帰が無理だとしても、フリーランスとして家にいながらお金を稼ぐという道もある。ただしその場合は、それなりのスキルが必要となってくるので、会社にいる間にプログラミングの知識をきちんと積んでいたことが前提となってくる。

最後に付け加えておくと、プログラマとして成功しやすいのは、男性のようにさばさばとした性格の女性だ。周りが優しくしてくれるといってもやはり、結果がすべてという意味では厳しい世界なので、割り切りがいいに越したことはないのだろう。
このようにIT業界は、スキルさえ有していれば、女性が働きやすい仕事環境が整っていることがお分かりだろうか。

Comments: 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です